レンタルホームページ・ブログのSEOのパワーロス

レンタルホームページ・ブログのSEOのパワーロス


9月に入り、夏の疲れがどっと出てきたような気がします。京都の盆地特有の湿気からは少しずつ解放されつつありますが、夜の涼しさから夜になるとすぐに寝てしまいます。

さて、以前、「シンプル、無料・低価格のホームページ」の落とし穴で、無料配布のホームページテンプレートや、無料・低価格のホームページの注意点をお伝えしましたが、ホームページはデザイン面だけでなく、ページコンテンツや、メタ情報などの様々な情報によって成り立っており、機能やSEOに行き詰まりを感じることがあります。

また、それを解決するためにカスタマイズする際には、仕様に応じて対応すべきカスタマイズ範囲も大幅に異なり、一気にリニューアルしたり、根本からホームページを移管する場合にもホームページのページの分量の応じて、相応の労力やコストが生じます。

この構造は、レンタルブログから通常のホームページ(ウェブサイト)へと移行するときも同様です。

今回は、レンタルホームページ・ブログのSEOのパワーロスと題しまして、レンタルホームページ・ブログのSEOの設定の制限による限界とホームページ長期運営の際のマーケティング効果の差についてお伝えいたします。

設定の制限によるSEOの限界

無料・低価格のレンタルホームページやレンタルブログを運営されている場合であっても、しっかりとしたコンテンツが充実していれば、そのコンテンツ群のクオリティに応じてホームページ・ブログのマーケティング効果を期待する事ができます。

しかしながら、低品質なCMSやレンタルブログなどでは、ページ構造の詳細部分にまでは手を加えられないことが多いのも事実です。

SEO設定という項目があっても、設定情報のどの部分が、検索エンジンに対してどのように機能するのかははっきり示されていないこともあります。

ドラッグドロップでホームページを生成できるような安価なレンタルCMSを設定させていただいたことがありますが、「SEO設定項目」として入力可能だったのは、検索結果スニペットの概要文を示す「ディスクリプション」と「メタキーワード」のみでした。

それら「SEO」の設定は、無いよりはマシかもしれませんが、SEOとして設定する項目は、ページ単独とホームページ全体に関して考えるとその数十倍の範囲に及びます。

SEO(検索エンジン最適化)

この根本構造が、せっかくの更新作業・ホームページ運営に大きなロスをもたらします。

ホームページの長期運営を考えた場合

ホームページの長期運営を考えた場合

ホームページの長期運営を考えた場合、短期的にはこのSEOの「ロス」の影響はそれほどありませんが、コンテンツの定期的な配信がなされ、コンテンツが積み上がってきた時には少しの差が蓄積され、大きな差を生み出します。

例えば、同じだけの分量のコンテンツがあった場合、一方は各ページのSEOの詳細設定がなされていないため「60点」、もう一方は、比較的荒いSEOの設定であってもある程度のSEOが施されているため「80点」だとしましょう。

それぞれ10ページの場合は、トータルスコア200点の差ですが、仮にそれぞれ300ページの分量になった場合は6000点の差になります。もし、丹念なSEOが施されており各ページ「100点」のホームページがあった場合は、12000点の差になります。

ブログ形式のオウンドメディア機能を持ったホームページ運営の場合は、そのベースとなるホームページのSEOレベルによって、長期運営の際のコンテンツ分量の増加に応じて、少しずつ現れてきます。

通常のカスタマイズが自由に行えるホームページであれば、静的HTMLのサイトであっても各ページ100点にまで改良することは可能です。ただし、1ページずつ作りこむ必要があるため、労力はかかります。

ただし重要なのはホームページのコンテンツ

「弘法筆を選ばず」という言葉がありますが、ベースとなるホームページの仕様がSEOに優れていたものであっても、その掲載内容が低品質なものであれば、ベースのSEO設定だけでは、検索結果の上位に表示されることはありません。

逆に、ホームページのコンテンツが優れたものであれば、よほどのことがない限り、細かなSEOを気にしなくても検索結果の上位に表示されることは可能です。

凄腕のギタリストは、廉価版のギターでも優れた演奏をすることができますが、初心者であれば、高価なビンテージギターに高価なエフェクター、高価なアンプを使用しても、良い演奏ができないことをイメージしていただければと思います。

この時、凄腕のギタリストが、一級品のギターで演奏した場合、伸びの良いサスティーンや豊かな倍音、テクニックを際立たせる様々な要素がプラスされ、優れた演奏が、さらに優れた演奏になるはずです。

頭文字Dの主人公藤原拓海は、友人の武内樹のAE85カローラレビン(SOHC)で、東京からやってきたシルビアS15のおじさんより速く秋名を下りました(嵐のハチゴーターボ)。

しかし、彼が高橋涼介・松本チューンのAE86スプリンタートレノに乗るとそれより速く走ります。

それと同様に、ホームページの長期運営をする場合には、根本的なホームページの仕様がマーケティング効果に影響を与えます。

しかしながら、「うさぎとかめ」のように、例えばアクセルを抜いたハチロクより、しっかりとアクセルを踏み続けたハチゴーの方が良いことは変わりありません。

レンタルホームページやレンタルブログの限界

レンタルホームページやレンタルブログの限界

ただ、ハチゴーことAE85には限界があります。根本的にエンジンがSOHCであるため、チューンによって速くすることにも限界がすぐに見えてきます。レンタルホームページやレンタルブログはハチゴーというよりも、一般的な軽自動車くらいかもしれません(どうかS660やカプチーノ、アルトワークスなどをイメージすることは避けてください)(湾岸ミッドナイトに学ぶSEOの気付き)。

それと同じように、詳細設定のできないレンタルホームページやレンタルブログには限界があります。

仮にSEOでの検索順位を峠バトルや湾岸バトルとして置き換えた場合、ライバルも同じような車で、40キロくらいで競り合って走る分には十分にアクセルを踏み込む(コンテンツの配信)だけで勝機がありますが、もしライバルが死神GT-Rやブラックバード(ポルシェ)だったら、アクセルをいくら踏んでも勝ち目はありません。

レンタルホームページやレンタルブログ運営でのマーケティング効果に限界を感じられた場合は、もしかしたら、そのホームページの根本仕様に問題があるのかもしれません。

ホームページの長期運営をお考えの際には、最速の相棒をあなたにも!


「レンタルホームページ・ブログのSEOのパワーロス」のカテゴリ Web制作・Web関連
タグ: , , ,


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら