ホームページ修正事例 メールフォームの内容修正が困難なため新規設置

ホームページ修正事例 メールフォームの内容修正が困難なため新規設置


ホームページ修正事例としてメールフォームの内容修正が困難であったため代替手段としてメールフォームを新規設置させていただいた事例をご紹介します。

法人組織変更、住所変更に伴い、ホームページ修正として社名変更、住所変更等をご依頼いただいた時の事例です。

メールフォーム内容、項目自体の変更は必要なかったのですが、自動返信メールの内容に問題が生じました。

ユーザーがお問い合わせフォームからメッセージを送信した場合の「自動返信メール」の最下部に、社名や住所が記載されており、この部分を変更する必要が生じました。

「自動返信メール」の最下部に記載された社名や所在地情報の修正

「自動返信メール」の最下部に記載された社名や所在地情報の修正

「自動返信メール」というと、ユーザーがお問い合わせフォームからメッセージ送信を行った際に「お問い合わせを受け付けました」という控えのメールを送信する機能です。

一般的に「自動返信メール」にはお問い合わせフォームに入力した内容が記載され、メールアドレス入力欄に入力されたメールアドレス宛に控えとして送られます。この自動返信メールの最下部には、概ね社名や連絡先が記載されています。

今回の事例では、この社名や所在地、電話番号等の連絡先情報を修正する必要がありました。

メールフォームの編集

メールフォームの編集

さて、メールフォームは、ひとつの方式に限定されるわけではなく、cgiを利用したもの、phpを利用したもの、WordPressであればプラグインを利用したもの等、様々な仕様で作成されています。

メールフォームを構成するファイルを調べていくと、自動返信メールに設定された最下部の「社名や所在地情報など」がどこで設定するかが分かっていきます。そしてその部分を修正すれば、自動返信メールの修正完了です。

しかしながら、メールフォームがどのように作られていてどんな構成になっているかは、サイト内部を確認していかないとわかりません。

そして確認作業を行っていくと、やや困難な状況が見えてきました。

修正には管理ツールへのログインが必要なメールフォーム

修正には管理ツールへのログインが必要なメールフォーム

ホームページの構成ファイルを確認していると、どうやらphpとデータベースを利用したメールフォームで、ある事業者のオリジナルCMS内の機能のようでした。

すなわち、メールフォームの設定は、そのオリジナルCMSなり、CMS管理ツールにログインして設定変更する必要がある仕様であるということになります。

そこで、元のオリジナルCMS開発者の方に管理ツールへのログイン方法を伺っていただくよう、ご依頼主様にお願いしました。

できないというのはおかしい

メールフォームを修正できないというのはおかしい

すると、

「技術があるならできないことはないですが。できないというのはおかしい」

と、管理ツールやログインについての情報については触れられないまま、突っぱねられてしまったようでした。

メールフォームの修正ができないというのはおかしい、と。

いや、できますよ。

調査に時間と費用がかかるというだけで。

調査に時間と費用がかかるんです

あのね。私どもが開発したんじゃないんですよ。

 

世界的なオープンソースでもないんですよ。

 

どこがどうなっているかを把握するのに時間と労力がいるんですよ。

 

phpMyAdminなどでデータベース内をくまなく調査すれば修正はできるが…

phpMyAdminなどでデータベース内をくまなく調査すれば修正はできるが

サーバーのコントロールパネルにはログイン可能であるため、おそらくphpMyAdminなどでデータベース内をくまなく調査すれば、自動返信メールの設定を変更することはできます。

ただ、自動返信メールの最下部の社名や所在地を変更するだけのことに、phpMyAdminをインストールして、データベース内部をくまなく調査するということに大掛かりな時間と費用をかけるというのは気が引けます。

例えば30万円とか100万円の費用を頂戴して、1ヶ月とかそれにつきっきりで調査をすれば、たいていのことはできるんです。このメールフォームの全容を明らかにするのであればもう少し少ない費用、短い期間でできるような気もします。

 

でもそれを負担するのは誰ですか?

 

ご依頼主様ですか?

 

たった数行の文字の修正のために?

 

では、私たちが無償でするのですか?

 

恐縮ながら事業の関係上それはできません。

 

他にもお客様がいますし、スタッフ本人はもちろん、養う家族がいたりもするんです。

 

できないのではありません。

 

経済的に不合理だからやらない、薦めないというだけです。

新規メールフォーム設置をご提案

新規メールフォーム設置をご提案

そういう流れでしたので、費用と「結果」の関係上、弊社のご提案として、新規メールフォーム設置することをご提案しました。もちろん調査費用が必要になる点など大まかな理由はご説明させていただきました。

求める最終的な結果は、ほとんど同一の内容、デザインのメールフォームが設置されていて、自動返信メールの最下部の内容が、新社名、新所在地等であればそれで良いのですから、大掛かりな費用をかけてメールフォーム内部を調査する必要はないと考えました。

ただ、新規設置であるため、一般的なメールフォーム内の修正に比べて費用は高額になります。

新規メールフォーム設置+デザイン調整で解決

フォーム内容の修正(メールフォームなどの項目内容の修正)であれば、「税別 3500円~」でご対応していますが、「メールフォームの新規設置」かつ「デザインを現行のものに合わせる」という場合は、費用は「税別 35000円~+CSS調整 3500円~」となります。

ご依頼主であるお客様にはご理解をいただき、「新規メールフォーム設置+デザイン調整」でこの「メールフォームの内容修正」が困難である問題は解決しました(ご理解ならびにご依頼には感謝しております)。

今回は、ホームページ修正事例としてメールフォームの内容修正が困難なためメールフォームを新規設置させていただいたケースについてご紹介させていただきました。

ホームページ修正につきまして、今回の事例のように代替手段にてご対応させていただくこともあります。

ホームページの更新・修正料金 価格表


「ホームページ修正事例 メールフォームの内容修正が困難なため新規設置」のカテゴリ Web制作・Web関連
タグ: , , ,


ホームページ制作・カスタマイズ、Webマーケティング・SEOなどのお問い合わせ・ご依頼