SEO

SEO(検索エンジン最適化)に関する記事
SEO(検索エンジン最適化)


ホームページリニューアル時のアクセス減少に対応するSEO
今回は、ホームページのリニューアル時に大幅なアクセス減少が見られた事例と、それに対応するSEO対策についてお伝えしていきます。 既存のドメインのままフルリニューアルしたり、はたまたまったく別のドメインでホームページを再運用するというパターンまで、ホームページの「リニューアル」がどういったタイプのものかにもよりますが、今回はミラーサイト判定による重複コンテンツ

ホームページリニューアル時のアクセス減少に対応するSEO


私たちがSEOを重視しSEO内部対策に重点を置く理由
「私たちがSEOを重視しSEO内部対策に重点を置く理由」について 私たちのSEOが、特定のキーワードでの検索結果上位表示であったり、SEOによるアクセスアップだけに着目する「一般的なSEO対策」ではないという旨をお伝えし、同時になぜSEO内部対策にのみ重点的に取り組むのかという根本的なビジョンについてお伝えしていきます。

私たちがSEOを重視しSEO内部対策に重点を置く理由


ホームページ制作やSEOの全体像を把握して設計する
ホームページ制作やSEOの全体像を把握してホームページを設計していくことは、その後の改良のしやすさ、Webマーケティング施策にに大きく影響を与えます。 ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、ホームページ制作を開始する前や、SEOを実施する前に、ホームページの目的やUSPの再確認、そしてモデルの把握などをもう一度お話の上で確認させていただいて

ホームページ制作やSEOの全体像を把握して設計する



SEOは単なる特定のキーワードでの検索上位表示によるWebマーケティング方法ではない
「SEOは単なる特定のキーワードでの検索上位表示によるWebマーケティング方法ではない」というタイトルで、非常に単純なトランザクションクエリでの検索結果上位表示によるWebマーケティングからの脱却と、ホームページのSEO自体がそういった目的のためだけではないという点について。未だにSEOやSEO対策というと、わかりやすいキーワードで検索結果上位に表示させることで、ニーズが顕在化したユーザーの囲い込みを行おうという風潮があります

SEOは単なる特定のキーワードでの検索上位表示によるWebマーケティング方法ではない


WebマーケティングやSEOのデータ分析は投資分析に近い
WebマーケティングやSEOのデータ分析は投資分析に近い要素が盛りだくさんで、投資や金融の勉強をしておいてよかったと思うことがあります。今回は、株式投資をするような感覚でWebマーケティングやSEOのデータ分析をしてみましょう、というような旨をお伝えしていきます。

WebマーケティングやSEOのデータ分析は投資分析に近い


SEOは徒然とモノクロームのように
SEOは徒然とモノクロームのように。 まったくもって「?」ですね。 本日を持ってホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレは、今期事業年度の終わりです。しばらくの間ゴールデンウィーク休暇をいただきますが、またまたパワーアップして来期も飛ばしていきます。 今期最後のコンテンツということで、SEOを全く無視したSEOに関する記事を配信しましょう。 SEO

SEOは徒然とモノクロームのように



Google Analyticsの直帰率を気にしなくていい理由
今回は、いままであまり触れてこなかったアクセス解析について少しだけお伝えしようと思います。 ページの直帰率をどうやって改善するか、といった話題や、ホームページを訪れたユーザーに直帰されないようにするための工夫などについてよく書かれていますが、こうした直帰率についての概要とWebマーケティングの本質的な意味での直帰率の影響を考えてみたいと思います。 旧来からホ

Google Analyticsの直帰率を気にしなくていい理由


SEOキーワードを調整してホームページのWebマーケティング効果向上させる
「ホームページの目的に沿ったコンテンツが整っていること」の中身を少し詳しく、「SEOキーワードを調整してホームページのWebマーケティング効果向上させる」という点について ホームページ運営者が想定している「Webマーケティングの目的とホームページコンテンツの一致」と、検索ユーザーの「検索クエリとコンテンツキーワードの一致」がズレていると、その効果は半減してしまいます。

SEOキーワードを調整してホームページのWebマーケティング効果向上させる


SEO・SEO対策 2017新春Pick up
ホームページのSEO・SEO対策に関しては、様々な情報がWeb上に存在しますが、Google検索アルゴリズムアップデートによって、現在では全く使えない方法論もあれば、普遍的で今なお有効なSEOもたくさんあります。「SEO」というコトバは、どこか人を混乱させる要素を持っているような気もしますが、「なんとか出し抜こう」と変なことさえしなければ、最適化を行った分だけ、結果は返ってきます。

SEO・SEO対策 2017新春Pick up



SEOやアクセスアップの実績をごまかす人たち
「SEOはうさんくさい」とよく言われますが、「SEOに強いホームページ制作会社」と謳うところは数多くあります。 京都という土地柄の影響からか、先日から連日のように大学生の方などからSEOなどに関しての「アルバイトの申込み」を頂いています。しかし、SEOはそれほど簡単ではありません。 「SEOに強い」というのは簡単ですが、技術的な詳細はさておき、お客さまに「な

SEOやアクセスアップの実績をごまかす人たち


リンクの原則 SEOではなく「参照でルーツをたどる」
PageRankの考え方も、「他の文献に引用される文献は、良い文献が多い」ということが根本的な考え方になっています。そこで今回は、こうしたリンクの原則について考えてみたいと思います。「SEOといえばリンクだ」という流れも最近では少し下火になってきましたが、PageRankの受け渡し自体はまだまだ当然ながら存在します。しかしながら、リンクは、元々参照関係を目的としているため、リンク機能自体は、検索順位向上のためにあるわけではありません。

リンクの原則 SEOではなく「参照でルーツをたどる」


SEOとしての被リンクの基本的な考え方とリンク販売
今回は、「SEOとしての被リンクの基本的な考え方とリンク販売」と題しまして、最も基本的なSEOとしての被リンクと、以前にお伝えしました「SEO会社」のリンク販売についてお伝えしようと思います。リンクに関するアルゴリズムが発達していなかった頃は、リンクによるPageRankの転送を利用して、検索順位を向上させるということが主流でした。だからこそ、ペラペラのページでも、検索結果上位に表示されることがよくありました。

SEOとしての被リンクの基本的な考え方とリンク販売



ホームページのコンテンツの新鮮さと正確性
「ホームページのコンテンツの新鮮さと正確性」について コンテンツの新鮮さがSEO・検索順位に影響を及ぼすというQDFアルゴリズムや、ホームページのコンテンツ自体の「正確性」の重要性についてお伝えしていきます。QDF(Query Deserves Freshness)という検索アルゴリズムがあり、これは、コンテンツの新鮮さがある程度検索順位決定の時に参考にされるというものです。同じような内容のコンテンツが並ぶ中であれば、比較的新しい情報のほうが現在でも正確性の高い情報なのではないかという推測のもと採用

ホームページのコンテンツの新鮮さと正確性


ニッチな業種ほどホームページ制作はより丹念に 専門性とコンテンツ属性
今回は、ニッチな業種ほどホームページ制作においてより丹念にコンテンツを作り込む方が良いといったことをテーマにお送りしていきます。単純に競合相手の多い業種ほど、SEO対策などを含めて、コンテンツ数やWebライティングに注力することが必要になりますが、ニッチな業種の場合は、検索するユーザー層の特性も、一般ユーザーとは異なるため、SEOやコンテンツ制作にかかる費用はそれほど必要でないものの、コンテンツ自体はより丹念に作り込む必要があります。

ニッチな業種ほどホームページ制作はより丹念に 専門性とコンテンツ属性


ホームページ内に設置している古いリンクや相互リンクに要注意
ペンギンアップデート4.0が始まりましたね。ペンギンアップデートはコアアルゴリズムとり自動化されるため、今後細かな調整は、自動化され緩やかにアップデートが続けられていきます。おそらくページ単位での評価へとシフトしていきます。今回は、そんなペンギンアップデートにまつわる「リンク」についてお伝えしていこうと思います。

ホームページ内に設置している古いリンクや相互リンクに要注意



ホームページへの集客方法によって異なるアクセス解析
ホームページへの集客方法には、検索エンジンを利用するものとソーシャル・ネットワークなどを利用するもの、そしてウェブ以外でのホームページの告知などに大別されます。今回は、ソーシャルでの活動の効果測定時やホームページのSEO効果を測定する場合など、「ホームページへの集客方法によって異なるアクセス解析」について

ホームページへの集客方法によって異なるアクセス解析


コンバージョンに繋がるホームページアクセスのためのSEO
今回は、「コンバージョンに繋がるホームページアクセスのためのSEO」と題しまして、ウェブマーケティングのコンバージョン獲得のため本当に有効なホームページへのアクセスや有効なSEOについて考えてみたいと思います。クリック率向上のための効果的なタイトル付け有効なアクセス数向上へのSEO ページを増やすことはプラスにもマイナスにも働く

コンバージョンに繋がるホームページアクセスのためのSEO


レンタルホームページ・ブログのSEOのパワーロス
今回は、レンタルホームページ・ブログのSEOのパワーロスと題しまして、レンタルホームページ・ブログのSEOの設定の制限による限界とホームページ長期運営の際のマーケティング効果の差についてお伝えいたします。SEO設定という項目があっても、設定情報のどの部分が、検索エンジンに対してどのように機能するのかははっきり示されていない

レンタルホームページ・ブログのSEOのパワーロス



画像に問題があるホームページ SEOカスタマイズ事例・実績
株式会社ファンフェアファンファーレでは、ホームページの新規制作サービスのほか、既存ホームページのSEOカスタマイズサービスなどを提供しております。ホームページの新規制作よりも、カスタマイズやSEOのご依頼の比重がかなり高まってきております。 SEO対策・SEOサービスについて ホームページの仕様によって作業の工程やシステムの制限などはありますが、どのようなサ

「画像」に問題があるホームページ SEOカスタマイズ事例・実績


ウェブ上でのマーケットインに偏りがちなウェブマーケティングやSEOからもう一歩先へ
今回は、WebマーケティングやSEOについて、様々な情報が飛び交う中、小学生の時から考えていたマーケットインとプロダクトアウトについて、少し考えてみたことをお伝えしていきます。ウェブ上でのマーケットインに偏りがちなウェブマーケティングやSEOからもう一歩先へというタイトルで進めていきます。 Webマーケティング SEO(検索エンジン最適化) Webマーケティ

ウェブ上でのマーケットインに偏りがちなウェブマーケティングやSEOからもう一歩先へ


湾岸ミッドナイトに学ぶSEOの気付き
以前の「頭文字Dに学ぶウェブサイト制作の気付き」同様、Web制作・Web関連カテゴリでも良いのですが、今回も雑談程度に書いてみようと思ったため、こちらに投稿します。 頭文字Dと同様、湾岸ミッドナイトも、SEMやSEOに関してたくさんの発見があります。 両者とも、ゲームセンターに行くとだいたい隣同士か表裏で並べられており、対比されることの多い漫画ですが、どちら

湾岸ミッドナイトに学ぶSEOの気付き



たった1ページの「ホームページ」を活かすなら
今回は、たった1ページの「ホームページ」を活かすなら、というタイトルで、ホームページの活用についてお伝えしていきます。もし、ウェブサイトの中身がたった1ページのトップページしかない、まさしく「ホームページ」だった場合、どのようなサイトにされますか?あえて2000文字しか掲載しない、という制限があった場合、どんなサイトにされるでしょうか?といったことについてお伝えしていきます

たった1ページの「ホームページ」を活かすなら


AI(人工知能)雑談 検索アルゴリズム RankBrainなど
ウェブ雑談コーナーです。今回は、最近話題のAI(人工知能)と検索アルゴリズム RankBrainなどについて少し触れます。 先日、システムコンサルタントの友人と会ったので、あまり盛り上がらなかったものの少しAIの話題になりました。 検索アルゴリズム RankBrain Googleの検索エンジンは、基本的には、かつてから特許である「PageRank」アルゴリ

AI(人工知能)雑談 検索アルゴリズム RankBrainなど


SEO業者の手法「リンク販売」
かねてより、弊社の一部のお客さまのもとに、SEO業者(SEO会社)からの勧誘が行われているようです。こうしたSEO業者の手法は「リンク販売」であり、それはSEOではありません。SEO業者のサービス内容をお伺いしたところ、サイトの改良を伴わない月額サービスによる検索結果順位向上というサービス内容のようです

SEO業者の手法「リンク販売」=それはSEOではありません



ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレ
お客さまにおかれましては、「リンク販売」等を行うSEO業者の勧誘にご注意いただきますようよろしくお願いいたします。かねてより、一部のお客さまのもとに、「今回ホームページを改良された目的は何でしょうか?SEOでしょうか?広告費としてSEOにかけられる予算は?」といった旨の勧誘が絶えないというお問い合わせを頂いております

リンク販売等を行うSEO業者にご注意ください


頭文字Dに学ぶウェブサイト制作の気付き
今回は、ウェブ制作の日常について書いていこうと思います。以前の投稿「手書きのワイヤーフレーム」と同様にWeb制作・Web関連カテゴリでも良いのですが、今回も雑談程度に書いてみようと思ったため、こちらに投稿します。 私は、活字中毒と称されるほどの読書好きです。最近ではあまり読みませんが、やはりちらほらとは読んでいます。しかしだからといっておカタイ本ばかりではあ

頭文字Dに学ぶウェブサイト制作の気付き


スイミーのようなウェブコンテンツ 「PR力1%」を収束させる
「スイミーのようなウェブコンテンツ 『PR力1%』を収束させる」というタイトルで、ウェブPRにおける効果を増大させることについて 今回のウェブコンテンツの「PR力1%」を収束させるということは、単一方向ではなく、時系列としての前後、そして現在の空間の上下左右全てを含んで収束させるといったイメージです

スイミーのようなウェブコンテンツ 「PR力1%」を収束させる



サイトのアクセス数とコンバージョン サイト運営で大切なこと
ウェブサイトのアクセス数とコンバージョンについてお伝えしていきます。が、「アクセス数とコンバージョン率」ではありません。ウェブマーケティングに重要な事は、「コンバージョンそのもの」です。普段目の前にいるお客さまにされていることを、ウェブ空間に置き換えて少しやってみるだけで、十分にコンバージョンを得ることができます。

サイトのアクセス数とコンバージョン サイト運営で大切なこと


サイトのユーザビリティとSEOを無視した場合
ユーザビリティは、ウェブユーザーのためのもの、そして、クローラビリティは、ウェブサイトの情報を正確に捉えるためにやってくる検索エンジンクローラーを意識したものです。ユーザビリティやSEOを無視した場合、ウェブサイトの価値は一気に落ちます。これはウェブマーケティングツールとしての価値です。

サイトのユーザビリティとSEOを無視した場合


ホームページ活用法ウェブセミナー201603
去る3月24日、滋賀・京都の経営者の集まる滋賀県異業種交流会わかば会の3月定例会でホームページ活用ウェブセミナー(SEO)を開催しました。会場は前回と同じく滋賀県草津市の草津駅前エルティ932(←くさつ)の会議室です。 さて今回は私、桝井が会員の皆様の前で、ホームページ(ウェブサイト)を検索エンジンに最適化する旨で、お話をさせていただきました。 その様子は、

ホームページ活用ウェブセミナー(SEO)を開催しました。わかば会28年3月定例会



カテゴリページカスタマイズ WordPressカスタマイズ事例・実績
WordPress(ワードプレス)はたくさんの応用のできるブログCMSです。ワードプレスには記事を投稿する機能 記事は単体のウェブページとして、生成 ワードプレスにはこの記事たちをカテゴリ分け、タグ付けする機能がついています。ワードプレスの各テーマによって、このカテゴリページのリストの表現の仕方はバラバラです

カテゴリーページカスタマイズ WordPressカスタマイズ事例・実績


ウェブサイト活用にも当然に存在する「閾値(いきち)」
ウェブサイト活用にも「閾値(いきち)」という考えが適用できます。閾値とは、要約すれば「反応が起こるために必要な最小量」です。ウェブサイト活用に置き換えれば、ウェブマーケティングにおけるウェブサイトの効果が現れるための必要なサイトパワーです。閾値という言葉を使ったのは、サイトの効果は、まっすぐ比例しないからです

ウェブサイト活用にも当然に存在する「閾値(いきち)」


パンくずリスト(ブレッドクラム)は垂直方向ナビゲーション
ウェブサイト(ホームページ)の工夫として、パンくずリスト(ブレッドクラム)というものがあります。パンくずリストはサイト内のウェブページ間の垂直方向の関係性を示すナビゲーションとしての機能があり、現在のページがホームページからの位置を示すものです。 ユーザビリティとリッチスニペット設定としてのパンくずリストの設置

パンくずリスト(ブレッドクラム)垂直方向ナビゲーション



「ウェブコンテンツの優位性 アーカイブとしての情報蓄積」というタイトルで、様々なウェブコンテンツと一般的な紙の広告物との比較の中で、ウェブコンテンツが持つ情報のアーカイブ性、情報蓄積がもたらすメリットや強みについてお伝えします。数あるPR活動のうち、ウェブPRがもつ優位性があります。それは、ウェブコンテンツが、アーカイブ(書庫)としての情報蓄積されていく上で、コンテンツ自体は、単発で終わることがなく、情報量が増大することによって

ウェブコンテンツの優位性 アーカイブとしての情報蓄積


ランディングページがどのページかによって変わる導線
「ランディングページ」とは、ウェブサイトにやってくるユーザーが最初にアクセスするページです。ランディングページには、広告用ランディングページ、SEMを意識したコンテンツページなどがあり、トップページもランディングページとなることがよくあります。SEMランディングページは、直接的なマーケティングではなくPR要素を含んで

ランディングページがどのページかによって変わる導線


CMS化でページ更新費用を抑えたい
求人用ページの更新頻度が高いため、毎回ウェブサイト制作会社に依頼するたびに費用が発生する。連絡と申し込み、決済などの手間が面倒

「CMS化でページ更新費用を抑えたい」ウェブサイトカスタマイズ事例・実績



ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら