Web制作・Web関連

Web制作・Web関連
ホームページ制作(ウェブサイト制作)をはじめ、Web制作・Web関連のお知らせ・記事


スマホ対応化へのカスタマイズがしにくいホームページの仕様
ホームページのスマホ対応にあたり、現状のホームページがモバイルフレンドリーサイトでないものから、スマホ対応サイトへと修正する際に、スマホ対応化へのカスタマイズがしにくいホームページの仕様があります。今回は、そんなホームページのスマートフォン表示最適化への変更に費用がかかるホームページの設計の特徴についてお伝えします。

スマホ対応化へのカスタマイズがしにくいホームページの仕様


ホームページからの問い合わせを増やすための方法
ホームページからの問い合わせを増やすための方法について触れていきます。ホームページを制作し現在も公開している企業であるならば、どのような状態であっても常にホームページからの問い合わせを増やすために改善策を講じていく必要があります。 ホームページをWebマーケティング利用するにあたり注目したいのは、ホームページもその中のコンテンツも常にアップデートしていく必要

ホームページからの問い合わせを増やすための方法


Google Analyticsの直帰率を気にしなくていい理由
今回は、いままであまり触れてこなかったアクセス解析について少しだけお伝えしようと思います。 アクセス解析としてGoogle Analyticsを導入されているケースも多いかと存じますが、そのアクセス解析データの中の「直帰率」に関してです。 直帰率とは、その名のごとくホームページにやってきたユーザーが、最初に訪れたページだけ見てすぐに去ってしまう率のことを指し

Google Analyticsの直帰率を気にしなくていい理由



ペルソナマーケティング 私が提唱する最強の「ペルソナ設定」
Webマーケティングや一般的なマーケティングの分野で、あなたはペルソナマーケティングやペルソナの設定という言葉を耳にしたことはあるだろうか? 「効果的なマーケティングのためにはペルソナの設定は欠かせない」 「ペルソナの設定はWebマーケティングに必要な要素のひとつ」 マーケティング全般でこうした話題は所々で目にするだろう。 しかしどの情報も、本来の意味での、

ペルソナマーケティング 私が提唱する最強の「ペルソナ設定」


ホームページ制作や修正の際に注意すべき記述ミス【初心者編】
今回は、少し初心に戻りまして、「ホームページ制作や修正の際に注意すべき記述ミス【初心者編】」についてゆったり思いついたことをお伝えしていこうと思います。 ホームページ制作・Web制作に関しても誰しもが最初は初心者ですが、初心者がゼロからホームページ制作をしたりホームページの修正を手がける場合に陥りやすいミスについて思い出しながら書いていきます。 大学生の方と

ホームページ制作や修正の際に注意すべき記述ミス【初心者編】


コンテンツマーケティングのメリットとデメリット
今回は、コンテンツマーケティングのメリットとデメリットについてお伝えします。 「コンテンツマーケティング」のページでもお伝えしているのですが、「埋もれていて発見しにくい」ため、このWeb制作・Web関連にも更に詳しくプラスアルファバージョンを掲載いたします。「いやいやそもそもコンテンツマーケティングとは?」と思われた方は先のリンクをご参照ください。 京都では

コンテンツマーケティングのメリットとデメリット



ホームページのスマホ対応とその後の運用を考えた設計
今回は、ホームページのスマホ対応とその後のホームページ運用を考えたモバイルフレンドリー設計についてお伝えします。 弊社でもホームページのスマホ対応化である「モバイルフレンドリー化サービス」を提供していますが、先日、「スマホ対応料金の見積額に変動があるのはなぜですか?」と知人から質問をいただきました。 ホームページを新規制作するときはもちろん最初からレスポンシ

ホームページのスマホ対応とその後の運用を考えた設計


サーバー保守費用
今回は、「サーバー保守」と「サーバー保守費用」についてお伝えしようと思います。 Web制作会社の中には、ホームページを稼働させるためのサーバーの利用料(サーバー費用)の他に、不透明な月額の「サーバー保守費用」を請求しているところもあるそうです。そうしたこともあるようですので、今回はそんなホームページとサーバーの関係、サーバーの保守(サーバー保守管理)とホーム

「サーバー保守費用」Web制作会社による不透明なサーバー費用


今回は、ホームページ制作を少し離れて、「Webマーケティングの基本的な考え方」について触れていきたいと思います。 Webマーケティングにはたくさんの方法論がありますが、基本を押さえないと次々に現れる方法に翻弄されてしまいます。トレンドを追いかけても、一過性の成果しか挙げられないのは目に見えているので、まずはWebマーケティングの基本に忠実になり、土台を作る方

Webマーケティングの基本的な考え方を理解してトレンドから脱却しよう



SEOキーワードを調整してホームページのWebマーケティング効果向上させる
「ホームページの目的に沿ったコンテンツが整っていること」の中身を少し詳しく、「SEOキーワードを調整してホームページのWebマーケティング効果向上させる」という点について ホームページ運営者が想定している「Webマーケティングの目的とホームページコンテンツの一致」と、検索ユーザーの「検索クエリとコンテンツキーワードの一致」がズレていると、その効果は半減してしまいます。

SEOキーワードを調整してホームページのWebマーケティング効果向上させる


WordPressを4.6系から4.7以降にバージョンアップ中のトラブル
WordPressは優れたオープンソースCMSですが、やはりWordPressの本体バージョンアップの際にはトラブルがつきものです。 今回は、実際に経験した、WordPressを4.6系(弊社の場合は4.6.3)から、WordPress4.7以降(今回はWordPress4.7.2)にバージョンアップ中のトラブルについて覚え書き程度にお伝えしていきます。つい

WordPressを4.6系から4.7以降にバージョンアップ中のトラブル


ホームページ制作を行う前にホームページの明確な目的を決定する
今回は、「ホームページ制作を行う前にホームページの明確な目的を決定する」というタイトルで、ホームページの目的を入念に設定することの重要性についてお伝えしようと思います。ホームページの目的がぼやけたままホームページ制作を行ってしまうケースがあり、その状態だとホームページを公開してもほとんど無意味になってしまうケースがよくあるからです。 1月に入り、京都でも大雪

ホームページ制作を行う前にホームページの明確な目的を決定する



あなたのホームページに「お問い合わせ」が来ない本当の理由
あなたがホームページを公開しているのに「お問い合わせ」が来ない場合には、幾つかの特徴や原因があり、「お問い合わせが来ない理由」が存在しています。 「ホームページから問い合わせが来ない…それどころか問い合わせが来たことがない」 「問い合わせ以前に、ホームページにアクセスすら無い…」 ホームページへの問い合わせが全くない状態からの脱却や、ホームページからの問い合

あなたのホームページに「お問い合わせ」が来ない本当の理由


ホームページを有効活用するためのチェックポイント
ホームページを有効活用するためには、様々なチェックポイントがあります。 ホームページは一旦制作すると、大幅なリニューアルを検討する頃までしばらくの間、そのままにしておくということが一般的であると考えられます。 「良いお店」は、認知度があったり、店の作りが最適になっているだけでなく、人が出入りして「活気のあるお店」であるイメージが非言語的な要素として店舗集客に

ホームページを有効活用するためのチェックポイント


ホームページ制作 2017新春Pick up
第七弾最終は「ホームページ制作」です。「ホームページ制作」というキーワードを考えたときに、コトバが少し具体的すぎて、「ホームページが作れること」に意識が集中してしまいがちです。元の目的は「企業の売上を向上させること」であったはずですが、そのツールであるもの、つまり「ホームページやソーシャルのページを作ること」が目的になってしまうことがよくあります。

ホームページ制作 2017新春Pick up



SNS活用 ソーシャルメディアマーケティング 2017新春Pick up
SNS活用 ソーシャルメディアマーケティング 2017新春Pick up みなさまあけましておめでとうございます!本日よりホームページ制作業務スタートです。 ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレです! 本年もどうぞよろしくお願いいたします! 第一弾の「ECサイト・ネットショップ制作」、第二弾の「Webマーケティング」、第三弾「SEO・SEO対策

SNS活用 ソーシャルメディアマーケティング 2017新春Pick up


コンテンツマーケティング 2017新春Pick up
第五弾は「コンテンツマーケティング」です。コンテンツマーケティングとは、文字通り「コンテンツ」を活かしたマーケティングで、Webマーケティングにおいては、「コンテンツページ」や画像、動画などを配信してマーケティングにつなげる方法です。Webマーケティングには、たくさんの方法があります。しかし、どの方法も、結局は情報の中身である「コンテンツ」がカギになります

コンテンツマーケティング 2017新春Pick up


WordPress 2017新春Pick up
第一弾の「ECサイト・ネットショップ制作」、第二弾の「Webマーケティング」、第三弾「SEO・SEO対策」に引き続き、第四弾は「WordPress」です。昨年2016年12月6日に、WordPressのアップデートがあり、WordPress 4.7「Vaughan(ヴォーン)」が公開されました。WordPressは、進化するオープンソースCMSとして、細かなアップデートを続けています。

WordPress 2017新春Pick up



SEO・SEO対策 2017新春Pick up
ホームページのSEO・SEO対策に関しては、様々な情報がWeb上に存在しますが、Google検索アルゴリズムアップデートによって、現在では全く使えない方法論もあれば、普遍的で今なお有効なSEOもたくさんあります。「SEO」というコトバは、どこか人を混乱させる要素を持っているような気もしますが、「なんとか出し抜こう」と変なことさえしなければ、最適化を行った分だけ、結果は返ってきます。

SEO・SEO対策 2017新春Pick up


Webマーケティング 2017新春Pick up
第一弾の「ECサイト・ネットショップ制作」に引き続き、第二弾は、「Webマーケティング」です。Webマーケティングとは?Webマーケティングとは、企業のマーケティング活動の中でWeb上で繰り広げられる経済活動全般を指します。「マーケティング」というコトバはいまいちややこしい単語です。弊社では、汎く「販売」や「営業」や「販促」などなど、それらを包括する経済活動全般を指していると定義しています

Webマーケティング 2017新春Pick up


ECサイト・ネットショップ制作 2017新春Pick up
「2017新春Pick up」と題しまして、今までのコンテンツをまとめながら、要点を整理するコンテンツを配信していきます。まず第一弾は、「ECサイト・ネットショップ制作」です。ECサイト(ネットショップ)も楽天やYahoo!ショッピングなどのショッピングモールを利用したものから、独自ECサイト、レンタルカートシステムの利用やオークションシステムを利用したものまで多種多様です。

ECサイト・ネットショップ制作 2017新春Pick up



ホームページのWordPress化で起こる問題点
今回は、ホームページのWordPress化で起こる問題点についてお伝えしようと思います。おかげさまで、ホームページのWordPress化サービスなどもたくさんご利用いただいておりますが、お見積時にご要望とお見積額の問題で、断念されるケースや、WordPress化によって付随する問題点など、ホームページのWordPress化で起こる問題点やお見積額が高額になるケースについてお伝えします

ホームページのWordPress化で起こる問題点


SEOやアクセスアップの実績をごまかす人たち
「SEOはうさんくさい」とよく言われますが、「SEOに強いホームページ制作会社」と謳うところは数多くあります。 Webマーケティングの効果を高める要素のひとつとして、SEOによるアクセスアップも一つの要素となりますが、そうしたSEOの実績をごまかすケースもあるようです。 京都という土地柄の影響からか、先日から連日のように大学生の方などからSEOなどに関しての

SEOやアクセスアップの実績をごまかす人たち


ホームページ制作やコンテンツマーケティングでいちばん大切なこと
「ホームページ制作で大切なこと」ということになれば、エラーが出ないとか、デザインが美しいとか、見せ方がうまいとか、「どうやってホームページにアクセスしてもらうか?」という点で考えれば、SEOとかリスティング広告とか、そういうWebマーケティング的なこともポイントとなってきます。しかし、それより何より大切なのは、ホームページ制作において込められるメッセージではないでしょうか?

ホームページ制作やコンテンツマーケティングでいちばん大切なこと



「ホームページは24時間働く営業スタッフだ」 では「営業の本質」を考えましょう
今回は、「『ホームページは24時間働く営業スタッフだ』では『営業の本質』を考えましょう」、というタイトルで、営業の本質について少し考えてみたいと思います。「ホームページは24時間働く営業スタッフだ」ということは、企業のWeb活用が叫ばれてから、決めゼリフのようにいつも言われているような言葉です。確かにその通りなのですが、営業スタッフの中にも、「すごい影響成績をあげる人」と「毎月ほぼボウズの人」がいるという事実は忘れられがちです

「ホームページは24時間働く営業スタッフだ」 では「営業の本質」を考えましょう


ホームページ制作におけるWebライティングとブランド力
「ホームページ制作におけるWebライティングとブランド力」と題しまして、「Webライティングにおける一貫した文体」の続きとも言える形で、Webライティング・コンテンツライティングとブランド力について触れていきたいと思います。ホームページ制作におけるコンテンツのWebライティングとブランド力について ホームページに関する全体的な制作業務も重要ですが、企業のブランド力向上にはWebライティングも大きな比重を占めていますからね。単純だと受けはいいがブランド力が落ちる 「上級者コース」はどこにあるの?中小企業にとって海外の大企業の方法論はあてにならない 様々なWebコンテンツに触れる・触れない

ホームページ制作におけるWebライティングとブランド力


リンクの原則 SEOではなく「参照でルーツをたどる」
PageRankの考え方も、「他の文献に引用される文献は、良い文献が多い」ということが根本的な考え方になっています。そこで今回は、こうしたリンクの原則について考えてみたいと思います。「SEOといえばリンクだ」という流れも最近では少し下火になってきましたが、PageRankの受け渡し自体はまだまだ当然ながら存在します。しかしながら、リンクは、元々参照関係を目的としているため、リンク機能自体は、検索順位向上のためにあるわけではありません。

リンクの原則 SEOではなく「参照でルーツをたどる」



SEOとしての被リンクの基本的な考え方とリンク販売
今回は、「SEOとしての被リンクの基本的な考え方とリンク販売」と題しまして、最も基本的なSEOとしての被リンクと、以前にお伝えしました「SEO会社」のリンク販売についてお伝えしようと思います。リンクに関するアルゴリズムが発達していなかった頃は、リンクによるPageRankの転送を利用して、検索順位を向上させるということが主流でした。だからこそ、ペラペラのページでも、検索結果上位に表示されることがよくありました。

SEOとしての被リンクの基本的な考え方とリンク販売


ソーシャル活用のデメリットとホームページの優位性
今回は、「ソーシャル活用のデメリットとホームページの優位性」と題しまして、ソーシャル活用のデメリットについて触れていこうと思います。FacebookやTwitter、Instagram、Google+(個人向けサービスは2019年4月2日に終了)などのSNSを利用した「ソーシャル活用」とホームページを比較して、Webマーケティングでのホームページの優位性につ

ソーシャル活用のデメリットとホームページの優位性


ホームページ制作でどこまでリアリティを表現できるか
ホームページ制作でどこまでリアリティを表現できるかということを考えることがあります。「ホームページの情報量」ということが話題になる場合、Webにおいては、基本的にテキストや画像の量が情報量になると思います。しかし、情報量が多くても、それが実際のユーザーが感じる情報量の多さとはイコールにはならず、また、情報を複合した「リアリティ」につながるかといえば、単純に検索エンジンのようにはいかないのが実情でしょう。ホームページ制作では、テキストデータが基本になりますが、このメリットは、コンピュータにも解読可能である点です。

ホームページ制作でどこまでリアリティを表現できるか



ホームページのコンテンツの新鮮さと正確性
「ホームページのコンテンツの新鮮さと正確性」について コンテンツの新鮮さがSEO・検索順位に影響を及ぼすというQDFアルゴリズムや、ホームページのコンテンツ自体の「正確性」の重要性についてお伝えしていきます。QDF(Query Deserves Freshness)という検索アルゴリズムがあり、これは、コンテンツの新鮮さがある程度検索順位決定の時に参考にされるというものです。同じような内容のコンテンツが並ぶ中であれば、比較的新しい情報のほうが現在でも正確性の高い情報なのではないかという推測のもと採用

ホームページのコンテンツの新鮮さと正確性 QDFアルゴリズム


情報を公開することのメリット ホームページ制作で大切なこと
自分の考えを表に出すことで、新しい助言を得ることができたり、自身でも不足点を発見したりと、様々なメリットがあると思っています。こうした点はホームページ制作やコンテンツ配信にも通じるところがあります。ホームページ制作のメリット、Web制作のメリット、そしてホームページで情報を公開することのメリットについてお伝えしていきます。「情報を公開することのメリット ホームページ制作で大切なこと」と題しまして、ホームページ上で情報を公開することの様々なメリットについて考えてみたいと思います。一般的なメリットについてはそこそこに、もっと本質的なメリットについて触れていこうと思います

情報を公開することのメリット ホームページ制作で大切なこと


ニッチな業種ほどホームページ制作はより丹念に 専門性とコンテンツ属性
今回は、ニッチな業種ほどホームページ制作においてより丹念にコンテンツを作り込む方が良いといったことをテーマにお送りしていきます。単純に競合相手の多い業種ほど、SEO対策などを含めて、コンテンツ数やWebライティングに注力することが必要になりますが、ニッチな業種の場合は、検索するユーザー層の特性も、一般ユーザーとは異なるため、SEOやコンテンツ制作にかかる費用はそれほど必要でないものの、コンテンツ自体はより丹念に作り込む必要があります。

ニッチな業種ほどホームページ制作はより丹念に 専門性とコンテンツ属性



ホームページ内に設置している古いリンクや相互リンクに要注意
ペンギンアップデート4.0が始まりましたね。ペンギンアップデートはコアアルゴリズムとり自動化されるため、今後細かな調整は、自動化され緩やかにアップデートが続けられていきます。おそらくページ単位での評価へとシフトしていきます。そんなペンギンアップデートにまつわる「リンク」について。古いホームページにありがちな、古いタイプのSEOであるトップページの相互リンクやリンク集について触れた後、古いリンクや相互リンクなどホームページ内からの発リンクについてペンギンアップデートを踏まえて見ていきましょう。

ホームページ内に設置している古いリンクや相互リンクに要注意


キュレーションサイトを評価することはラーメン通を評価することと同じ
キュレーションメディア、キュレーションサイトとは、いわば、「こんな記事がありました」ということを「まとめ」と称して自分のサイトでうまく流用してサイトコンテンツを増やし、メインドメインパワーを増強させて、他人が作ったコンテンツをまるで自分が作ったかのように再配布して検索エンジンからのアクセスを獲得しようとするサイトです

キュレーションサイトを評価することはラーメン通を評価することと同じ


Web上でのお店探し どのようなランキングや情報を信用するか
Web制作会社・ホームページ制作会社にもランキングがあるようですが、どのようなランキング基準なのかが疑問です。 何でもかんでも「ランキング」の時代ですが、Web制作・ホームページ制作は、発注企業によってニーズが違いますし、何をもってランキング基準とするのか 先日、元同業(Web制作会社)の方と久しぶりに再開した時に、こんなことを聞かれました。「ネットでおいしいお店を探すときには、どうやって探されていますか?」「Web上でのお店探し どのようなランキングや情報を信用するか」と題しまして、ウェブだけでなく様々な「ランキング」そのものやWeb上での「お店探し」についてお伝えしていこうと思います。

Web上でのお店探し どのようなランキングや情報を信用するか



ホームページ制作・カスタマイズ、Webマーケティング・SEOなどのお問い合わせ・ご依頼